1998

ドイツ・ ノルデンの湧き水からスタート...

1998年6月13日、日本・テレビ朝日の「真相究明!噂のファイル」に、初めて「奇跡の水」の真相が放送されました。この番組では、ドイツ・ノルデン洞窟の水による多くの病気を治す神秘の効果があると放送し、日本の学会の注目を集めました。

2003

日本の太田成男教授が水素研究センターを設立

日本の学者はその後、これらの神秘の効果が記載される湧き水の中に「水素分子」の含有量が特別に高いことを発見しました。更に太田成男教授は東京医科大学・高齢研究所に水素研究センターを設立し、水素の健康效果の背後にあるメカニズムを研究しています。

2007

太田教授がNATURE MEDICINEに論文を発表

4年にわたる研究の後、太田成男教授は国際的な学術誌「Nature Medicine」に斬新な論文を発表しました。論文の研究成果によると、水素には悪質なフリーラジカルを選択除去する機能があることが発表されました。選択的というのは、水素が最も毒性の高いフリーラジカル(例:ヒドロキシルラジカル、ペルオキシナイトレート硝酸塩アニオン)のみ除去し、その他の機能性フリーラジカル(例:超酸アニオン、フリーラジカル前駆体、ペルオキシハイドレート)には影響を与えないということです。そのため、体内酸素還元バランスを壊しません。

2014

アメリカ食品医薬品局が水素の安全性を文書で認定

2014 年 4 月 28 日、米国食品医薬品局( Food and Drug Administration, FDA) の食品添加物安全からの MitoGene 社のクック博士に回答し、水に溶解した水素分子は GRAS (Generally recognized as safe)レベルに属し、水素水またはその他の水素ドリンクは安全で害がないことが実証されました特別に、FDA が利用したのは高純度水素(99.995%)により製造された水素水、水素ドリンクであり、添加の水素純度が足りない場合、体にマイナスの影響を及ぼす可能性があります。

2016

日本の厚生省が水素を先進医療 B 類に分類

2016 年 11 月 30 日、日本の厚生労働省は正式に水素を先進医療B類の分類に組み入れました。主に心臓病患者の心拍回復後、水素を吸引することで生命、脳部、心臓機能を保護するために使われます。厚生労動省は日本で医療衛生・社会保障を担う主要部門です。且つ日本の先進医療は医療方法の有效性、安全性、必要性に対して厳格な審査を受け、許可される方式となっています。注目に値するのは、先進医療 B 類の審査は A 類よりも厳しいことです、水素が先進医療に組み込まれたことは水素分子医学の重要なマイルストーンであり、日本政府が水素の医学領域における潜在的価値を認めているということです。

お問い合わせ

我々の製品に興味を持って頂けた場合、何時いかなる時もご連絡を。製品のデータや相互協力のチャンスを紹介させてください。